子どもがいると金利が優遇される定期預金をチェック!

子育て家庭なら金利が上乗せされる 「子どもがいると金利上乗せ!」という子育て家庭にやさしい定期預金が増えています。取り扱っているのは地銀や信用金庫など地域に密着した金融機関が中心で、自治体の子育て支援対策に連動している場合も多いようです。定期預金は安全確実な代わりに金利の魅力は期待できませんが、子育てにやさしい定期預金であれば、子どものいる世帯に金利が優遇されます。ぜひ、チェックしてみましょう。

ただし、預入限度額は100万円以上などと高額のものが多いため、子育て中のご家庭が着実に貯めたい教育資金や住宅資金などに利用されるといいでしょう。

子育て支援の預金といっても、商品内容は金融機関ごとに異なります。たとえば利用者の条件も、「子どもがいればOK」のものもあれば、「子ども3人以上」の場合もあります。

各金融機関の「子育て支援の預金」に多い内容をピックアップしてみます。

<「子育て支援の預金」の特徴>
---------------------------------------------------------------------
■利用対象者 
子ども(18歳以下あるいは22歳以下)を扶養している親
「子ども3人……(中略)…… めに「副業」するならココに注意

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース