嫉妬が辛い…苦しい嫉妬と向き合う方法

嫉妬が辛いのは男性も女性も同じ…
男女別「嫉妬」の傾向と対策

素直になれない恋人

楽しく幸せなはずの恋愛なのに、「嫉妬」の感情が邪魔をすることは避けて通れない難関の一つ。好きだからこそ出てくる感情なのですが、あまりにも嫉妬心が強すぎると、自分も苦しくなり相手を不愉快な気持ちにさせてしまいます。その結果、二人の関係がうまくいかなくなる場合もあり、心のコントロールはなかなか難しいものですね。

そこで、今回は「嫉妬」という感情が出た時の心のあり方について考えてみました。

嫉妬心が出てくることにより、穏やかだった二人の関係に微妙な空気が流れ始めることがあるのも事実。ほんの少しのヤキモチは可愛いものですが、だんだん強くなってしまうと憎しみにまで変わる恐れもある、というのが嫉妬心の特徴でもあります。

恋愛にヤキモチは付き物で、お互いにヤキモチを妬かれて悪い気はしないでしょう。恋愛感情のバロメーターにもなりますし、程良いものならばそれがきっかけで二人の仲がより深まる場合もあります。

それとは逆に、ヤキモチの感情に気が向きすぎて、だんだんと頭の中がその思いで一杯になると、その時には悪い「嫉妬」に変わってしまいます。

では、「嫉妬」についての傾向と対策を男女別に見てみましょう。【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース