娘とうまくいかない父親に共通する思い込み 母親まかせはNG、成長に合わせた接し方を | 子育て | 東洋経済オンライン

母親まかせはNG、成長に合わせた接し方を

次ページ »

2018/12/30 7:00

娘に嫌われてしまうような言動していませんか(写真:Milatas/iStock)

「イクメン」という言葉が日常的に使われるようになったこの頃、父親が子育てに参加するのは喜ばしいことだが、同性である息子と異性である娘とでは、接し方、対応の仕方にとまどうことはないだろうか。父親は、我が娘とはいえ異性であるため、自分の成長過程を振り返っても、娘の心の細かい機微まで理解することが難しい。それゆえ、つい自分本位な接し方になりがちである。

「父親の存在は薄い」は大きな誤算

幼い頃は、「パパ!パパ!」と無邪気な笑顔で慕っていた娘も、やがて小学校高学年、中学生となり思春期を迎え、ろくに口さえきいてくれない時期が訪れる。それを淋しいと思いつつも我慢するのか、機嫌をとるために甘やかすのか、生意気な態度に声を荒らげてしまうのか、対応はさまざまだろう。ここで母親とうまくやっていればとりあえず自分はいい、たとえ娘との関係がうまくいかなくなっても、母親がフォローしておけば大丈夫、しょせん父親の存在は薄いものと思ったら大きな誤算である。

私が、大学院に入学して最初に行った研究は「娘からみた父親の魅力」であった。以来、ごくありふ……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース