姑が過剰介入する結婚に絶望した彼女の告白 結婚式参列に「人材派遣」を提案され婚約破棄 | 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス- | 東洋経済オンライン

結婚式参列に「人材派遣」を提案され婚約破棄

次ページ »

2019/06/27 5:40

婚約したからといって、そこからスムーズに結婚につながっていくとは限らない。今回は婚約破棄を乗り越えて、次の幸せをつかんだ女性のケースをお届けします(写真:Fast&Slow/PIXTA)

婚約したからといって、そこからスムーズに結婚につながっていくとは限らない。どちらか一方が心変わりをして婚約が解消されることもある。関係の終焉はどちらも傷つくものだが、した側よりもされた側のほうが心に大きな傷が残るだろう。

仲人として婚活現場に関わる筆者が、毎回婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「婚約破棄を乗り越えて、次の幸せをつかんだ女性」のストーリーだ。

「入籍するまでは安心できません」

佐藤佳代子(35歳、仮名)は、太田裕太(39歳、仮名)と結婚を前提にした真剣交際に入っていたのだが、3月に裕太からプロポーズをされた。その報告を電話でしてきた。

「都内の素敵なレストランで、『結婚してください』とプロポーズしてくださいました。デザートのケーキプレートには、“ずっと大切にします”とチョコレートで書かれていて、『この日の記念に』と、ダイヤのネ……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース