妊娠・出産の合併症も「高額療養費」の対象に

妊娠・出産に関する診療は健康保険の適用外ですが、合併症の場合は適用されます。そのため、合併症で一定以上の医療費がかかった場合のは、高額療養費制度の対象にもなることを知っておきましょう。

高額療養費制度を知っておきましょう

  高額療養費制度ってどんなもの? 公的医療保険制度では、通常はかかった医療費の3割を負担する形で診療を受けることができます。3割負担でも高額になることもありますが、そんなときの負担軽減のためにあるのが「高額療養費制度」です。1ヵ月間の医療費の自己負担額が一定以上に高額になると、払い戻しを受けられる制度です。

妊娠・出産はそもそも健康保険の適用外なのですが、合併症や異常分娩となると保険の対象になります。健康保険が適用される分に関しては、所定の「自己負担限度額」を超える負担になったときには、この高額療養費の払い戻しを受けることができます。
 

いくら戻るの? 高額療養費として戻ってくるのは、産院の窓口などで支払った医療費のうち「自己負担限度額」を超えた分です。自己限度額は下記の通りです(厚生労働省保険局資料より)。

■高額療養費制度の自己負担限度額
(70歳未満の場合、2018年11月20日現在)
・年収約1160万円~: 2……(中略)…… の自宅療養も傷病手当金の対象

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース