女子が悩む就活特有の身だしなみ

新卒における就活の大変さの要素の一つといえば、就活特有の身だしなみ。いっそ罰ゲームのように感じたという人も多いのではないでしょうか。就活の際にこんなはずではなかったと感じたリクルートスタイルについて、ヒトメボ女性読者に聞いてみました。

●制約の多い髪型

「就活のときは結構髪が長かったですが、後ろで一つに結ぶのなんて中学校以来でした。小顔な子はいいだろうけど、髪型で誤魔化していた身としてはつらかった」(千葉・23歳女性)

「大学デビューで茶髪パーマにしていましたが、就活時に黒染めショートに。完全に高校時代のダサかった自分で、同期に会うのが苦痛すぎた」(富山・24歳女性)

髪型は外見に与える影響が大きいだけに、自由度が下がるとその分「こんなはずではなかった」感も強まるもの。黒染めのまとめ髪をおしゃれに見せるのは結構大変なようです。

●シルエットの微妙なパンツスーツ

「志望していたのがかっこいい女性が多数活躍する業界だったので、それに倣ってパンツスーツで就活したけれど、あれは脚の長い人の特権だと思いました……(笑)。ビルのガラスに映る自分の姿があまりに微妙で……。今は諦めてスカートで通勤しています」(東京・23歳女性)

スカートもパンツも人によって似合う似合わないがありますから、試着の時点でよく確認したほうがよ……(中略)…… 、みなさんも共感するものはありましたか?(シャモジョー/ヒャクマンボルト)

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース