奢られ上手な女性が実践している7つの法則

<!----> 「奢られ上手な女性」から学ぶ女性像

奢られ上手な女性が実践している法則とは?

割り勘デートも増えてきましたが、思わず男性がご馳走してしまう「奢られ上手な女性」がいることは確か。奢られることを当然のこととして、食事に行くのは考えものですが、「奢られ上手な女性」からは男性を立てられる女性像が学べます。

「男女平等じゃない!」「媚びているみたいで嫌」と、目くじらを立てずに、男性を立てるお食事デートの作法を覚えておきましょう。
 

<目次>   奢られ上手な法則1:お店の予約は男性にしてもらう 苦手な食べ物を無理して食べる必要はありません。もし、苦手な食べ物があるなら「あまり得意じゃないです」と本当のことを伝えましょう。

希望を伝えるときは、「あっさりめで、和食が好き」「お肉が食べたい」「落ち着いたお店が好き」など外してほしくないことだけにして、主導権は男性に渡すこと。リードが苦手な男性には「私、男の人に決めてもらうのが好きなんです」と言って、女性からリードを促していくのが効果的です。
 

奢られ上手な法則2:「このお店来たことある!」はNGワード

エスコート慣れした男性だと、お料理……(中略)…… p>【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース