吉田カバンと土屋鞄はこんなにも進化している 軽量化や防水が進み、「リュック」も充実 | 専門店・ブランド・消費財 | 東洋経済オンライン

軽量化や防水が進み、「リュック」も充実

次ページ »

2019/05/31 16:00

5月に実施された吉田カバンの「新商品展示会」(写真:吉田カバン提供)

仕事で使うカバンを、どのようなこだわりで選んでいるだろうか。

5月中旬、都内で開催された吉田カバン(※)の「新商品展示会」を視察した。今回は2019年秋冬新商品の紹介だった。

(※)正式社名は株式会社吉田。名称は「吉」の「士」の部分が「土」

毎年、同社は春と秋に新商品展示会を東京と大阪で開催する。各新商品の特徴を、担当者が取引先(小売り店のバイヤーが多い)に説明して回るスタイルは、ずっと変わらない。筆者はほぼ毎回訪れ“定点観測”してきた。その中で見えてきた傾向もある。

そこで同社を中心に、競合の土屋鞄製造所のこだわりも紹介し、カバンに対する消費者意識とメーカー訴求を考えたい。

カバンはあくまでも「物を運ぶ道具」

まずは吉田カバンの横顔を簡単に紹介しよう。創業は1935(昭和10)年、来年で85年となる老舗だ。業績も好調で売上高は約182億円(2018年5月現在)。2011年5月期は約130億円だったので7年で50億円も伸びた。

「PORTER(ポーター)」と「LUGGAGE……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース