友達から恋人になったきっかけ

仲が良い男女がいつも傍にいると、恋人になるのも時間の問題。近い存在なだけにいろいろ事情を知っていて、それ以上距離が縮まらないこともありますが、ちょっとしたキッカケで“友だちから恋人に昇格”ということもあるようです!

文・塚田牧夫

スーパーの買い出しで

「友だち7人ぐらい集まって、鍋をすることになったんです。そこで、ひとりの男友だちと、家から少し離れたところにある大型のスーパーへ買い出しに行くことに。そこで、好きなフルーツの話になったんです。

私は、何年か前に台湾に行ったときに食べた“釈迦頭”というフルーツが好きだと言ったら、“俺も!”と言うんです。一気にテンションが上がりました。そこから距離が急に縮まり、付き合うまでは早かったです」カホ(仮名)/27歳

好きなもの、趣味や食べものなど、共通点があると親近感が湧きます。話をしていて共感し合えるというのは、距離を縮める上で大きなポイントに。特に、それがあまり一般的でないものだと、より強く惹かれ合うようになります。

スノボのリフトで

「友だちみんなでスノボに行ったときでした。私はあまり滑れないのですが、男子にもひとり初心者がいて、ほとんど一緒に行動していたのです。リフトで隣に座ったとき、いろいろ話すじゃないですか。

そこで向こうが、“お前……(中略)…… rstock© George Dolgikh / shutterstock

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース