千葉県一宮町釣ヶ崎海岸で行われていた「第1回 ジャパンオープン オブ サーフィン」が閉幕村上 舜選手と松田 詩野選手が大会を制し、ISAワールドサーフィンゲームス出場資格を獲得!!

 5月6日(月・祝)から千葉県一宮町釣ヶ崎海岸で行われていた「第1回ジャパンオープンオブサーフィン」(主管:ジャパンオープンオブサーフィン実行委員会/事務局:東京都文京区、日本サーフィン連盟)が、7日(火)に最終日を迎えました。男子では村上 舜選手が、女子では松田 詩野選手がそれぞれ大会を制し、サーフィン日本代表「波乗りジャパン/NAMINORI JAPAN」として、2019年9月に宮崎県宮崎市で開催されるISAワールドサーフィンゲームスの出場資格を獲得いたしました。

<優勝した村上 舜選手>

https://www.atpress.ne.jp/releases/183302/img_183302_2.jpg

 また、2018WSLワールドランキングや過去のISAワールドサーフィンゲームスの成績を加味した6名のサーフィン日本代表選手が発表されました。

 東京オリンピック出場権獲得に向け、日本のサーフシーンにご注目いただくとともに、今後ともご期待ください。

■大会結果

https://www.atpress.ne.jp/releases/183302/img_183302_3.jpg

……(中略)…… 出身

脇田 紗良/2002年10月10日生/神奈川県出身

※五十音順・敬称略

記事の全文を見る⇒(@Press)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース