偽ニュースは民主主義を壊す強大な「兵器」だ 煽情的なネット情報は「一歩ためる」構えを | メディア業界 | 東洋経済オンライン

煽情的なネット情報は「一歩ためる」構えを

次ページ »

2019/03/16 9:00

津田大介氏(右)からは「メディア・リテラシーを高めよう」と言うことを禁止しようとの提言もなされた(撮影:大澤誠)

「フェイクニュース」は民主主義を機能不全にしてしまうほどの強大な「凶器」ともなりうる。日々ニュースを消費、発信する私たちが知らないうちにその動きに加担してしまっているとしたら——。

メディア・アクティビスト・津田大介氏は『情報戦争を生き抜く』、IT企業役員を経てサイバーセキュリティに関する著作や小説を発表している作家・一田和樹氏は『フェイクニュース』をそれぞれ上梓した。 前回記事(「偽ニュース」への抜本的な対策はありうるか)に引き続き、今回はフェイクニュースと民主主義の関係、マスメディアに求められる役割、メディア・リテラシーについて語ってもらった。

津田大介(以下、津田):なぜこんなに急にフェイクニュースを使ったハイブリッド戦(直接的に兵器を使った戦争ではなく、サイバー攻撃などを駆使した他者への攻撃)が普及したのかをひと言で言うと、異様なコストパフォーマンスのよさです。

一田和樹(以下、一田):そうです。ソーシャルメディアの普及によって、急速にコストダウンが図られました。

記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース