乳幼児期には行事費もかかります!

子どもが生まれると“行事”が多くなる 子どもが生まれると、突然、日本人としてのならわしに目覚める人も少なくありません。多くは、親の代でも慣習としてやってきたことだからと、迷うことなく行う人が多いようです。

 

子どもが生まれると行事が多くなる

乳幼児期に行う主な行事は、次のようなものがあります。

●お宮参り
生後1ヵ月頃、神社に詣で、祈祷をしてもらう行事。夫婦のほか、両方の親が列席することもあります。祈祷の後、家族で会食をするのが一般的になっているほか、写真館で記念写真を撮る場合もあります。

●お食い初め
子どもが誕生して100日目かその前後の週末に行うことが多い行事です。鯛の尾頭付きのお膳などで祝う家庭もあります。自宅でご馳走を作ってお祝いする場合と、仕出しを行う店に料理を依頼する場合があるようです。子供用のお膳を買い揃えて行事を行う家もあります。

●初節句
男の子なら兜や鯉のぼり、女の子は雛飾りを飾ります。親からプレゼントされることが多いようです。親を迎えて、会食などを行うこともあります。地方によっては長男だけきちんとしたお祝いの席を設ける場合も……(中略)…… 利時代の教育資金はこう貯める!

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース