主賓とは?誰に乾杯の挨拶を依頼し、どうお礼するか

<目次> 1.主賓とは?誰にお願いする?

結婚式のマナーをしっかりとおさえましょう


主賓とは、ゲストの中で主だった人という意味。仲人・媒酌人は立てないけれど主賓は立てるというケースが多いようです。会社の上司や親族の年配の方になっていただくケースが多いので、ご挨拶やお礼など失礼のないようにしましょう。

主賓は会社の上司、親族中心の披露宴ならおじさんにお願いすることが多いようです。会社の上司を数人ご招待する場合は、役職が上の人にお願いするのが礼儀です。

通常は、新郎・新婦側からそれぞれ主賓を一人ずつ+準主賓クラスの方に乾杯を依頼するケースが多いようですが、新郎側の上司に主賓としてスピーチをお願いし、新婦側の上司に乾杯の挨拶をお願いするなど、出席者の状況に合わせてプランナーさんと考えていくのがいいと思います。

 

2.いつ、どんな形で主賓を依頼するべきか 3~2カ月前には披露宴の招待状を発送することになりますが、そのタイミングまでにはどなたにお願いするか決めておき、両家の了承もとっておきましょう。

主賓をお願いする方には、招待状を直接お持ちし、結婚式に出席いただきたい旨と、「大変恐縮なのですが、当日、主賓としてご挨拶を頂戴したいのですが…。」と依頼します。招待状の中には、祝辞をお願い……(中略)…… 緒に。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース