世界を変えた「アメリカ製造業」たちの現在地 米国四季報で読み解くアメリカ優良企業 | 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業 | 東洋経済オンライン

米国四季報で読み解くアメリカ優良企業

次ページ »

2018/11/26 7:30

フォードの世界本社、ミシガン州のディアボーン(写真:iStock/wellesenterprises)

かつて、世界最大の工業国であったアメリカ。

自動車王ヘンリー・フォードが導入した自動組み立てラインに象徴される大量生産技術は、アメリカ製造業の生産性向上と大幅なコスト削減による製品価格の低下と賃金上昇を実現させた。欧州や日本のような世界大戦による損害を免れたアメリカは、世界中に工業製品を提供すると同時に、国内においても自動車や家電製品が一般家庭に普及、彼らのライフスタイルは豊かさの象徴として羨望の的となった。

現在のアメリカはどうか?

舵を取るトランプ大統領は、その支持基盤の中心が製造業を担ってきた白人中間層ということもあってか、かつての栄光を取り戻そうとばかりにアメリカ第一主義を掲げている。

日本や中国、メキシコなどをやり玉に挙げながら、製造業の国内回帰と雇用回復を叫んでいる。古き良き時代を支えてきたアメリカの製造業はいまどうなっているのか。

『米国会社四季報』をベースにアメリカの主要企業を紹介する連載として、第2弾の本稿では重工業を主体とする製造業を取り……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース