レゴ「子供が求める玩具」見誤ったの失敗と教訓 アルゴリズムでは「人の心」まで解析できない | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン

アルゴリズムでは「人の心」まで解析できない

次ページ »

2019/07/21 6:20

2000年代前半、なぜレゴの業績はよくなかったのか? 子どもたちを観察すると、アルゴリズムでは見つけられない原因が隠れていました(写真:tkc-taka/PIXTA)  

人文科学の有用性を説いた『センスメイキング』の著者であるクリスチャン・マスビアウ氏は、数々のグローバルカンパニーを成功に導いてきた。どのような方法を用いているのか――。2019年5月29日に立教大学にて行われた同氏による講演「AI時代におけるAIと人文科学の可能性」の一部を全3回にわたり公開する。 アルゴリズムは「万能」ではない

まずは5年前のことを振り返りたいと思います。当時、世界中ですべてがアルゴリズムで決定できるような感覚を誰もが持ち始めました。つまり、私たちの買い物や恋愛、出産のタイミングといった選択のすべてをアルゴリズムが正しく決定できるといった感覚です。

しかし、私はアルゴリズムだけでは必ずしも世界を正しく描写することはできないと感じていました。これは、私が哲学を専攻した人間であり、歴史や美術史、心理学といった人文科学を学んできた同僚と一緒に仕事をしてきたからなのかもしれません。

もちろん、アルゴリズムを使うべきで……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース