レイザーラモンRG「スベり芸人」脱却できた理由 リーチ・マイケル選手のものまねで一躍注目 | テレビ | 東洋経済オンライン

リーチ・マイケル選手のものまねで一躍注目

次ページ »

2019/11/10 16:00

日本で開催された「ラグビーワールドカップ2019」は空前の盛り上がりを見せた。4年前の大会では日本代表の五郎丸歩選手が注目され、「五郎丸フィーバー」が起きたが、今回の熱狂はそれをさらに上回っていた。

日本代表は大方の予想を覆す大健闘を見せて、史上初のベスト8に進出。日本代表の試合は地上波テレビでも放送され、軒並み高視聴率を記録した。

そんな中で、1人の芸人が話題になっている。レイザーラモンRGである。彼は、4年前に何気ない気持ちで日本代表のリーチ・マイケル選手のものまねをやり始めた。今回のワールドカップで改めてそのネタが脚光を浴びているのだ。最近ではさまざまなイベントに呼ばれる際にも「リーチ・マイケル選手のものまねで来てほしい」と声がかかるのだという。

「ものまね」の才能が光るRG

RGはこれまでにも、多様なものまねを披露してきた。彼のものまねの最大の特徴は題材選びにある。流行っていることや話題になっているニュースがあると、それをいち早く取り入れて、注目の人物になりきってみせるのだ。見た人が思わず「そう来たか!」と感心してしまうような、絶妙なところを突いてくる。

私の記憶では、R……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース