プロに聞いた「着やせ」のコツ

[となりのテレ金ちゃん−テレビ金沢]2020年1月22日放送の「仰天コロンブス」のコーナーで、「着やせ」について調べていました。

皆さんは、着やせして見えることを考えて服を選んでいますか?番組の街頭インタビューでは、

「白は太って見えるので避ける」
「上半身にボリュームを出す」
「腰回りは見えないようにダボっとする」

などの意見がありました。


着やせのポイントってあるの?

しかし、実際はどうなのでしょうか?

隠すのではなく見せるのが重要

金沢美術工芸大学ファッションデザインコースの村山祐子准教授に聞いてみると、着やせとは「体のいいところを見せることでその先を良いように想像してもらうこと」だそうです。

着やせとは、人の持つ想像力を利用しているのです。

さっそく、着やせのコツをご紹介。まずは、細い部分ははっきりと見せることです。例えば体の一番細いウエスト部分はフィットさせたものを着て、その下はルーズにします。

そうすることで見えない部分をよいように解釈してもらうのです。

続いてのコツは、太いところをあえて見せることです。例えば、足の一番太いふくらはぎに合わせたブーツを履くことで、それ以上太く見えないようにします。

白い服を黒い服に……(中略)…… 用して、ぜひ細く見せたいものです。

(ライター:りえ160)

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース