ネットでも申し込める、身近で便利な国の教育ローン

制度創設から40周年を迎える「国の教育ローン」とは

 

「国の教育ローン」は、民間金融機関の補完を旨とする政策金融機関である日本政策金融公庫が取り扱う、教育費のためのローンです。「教育の機会均等」「家庭の経済的負担の軽減」を目的に、昭和54年に創設され、2019年1月4日に40周年を迎えました。昨年度まで延べ553万件の取り扱い実績があり、多くの学生の進学・在学・留学のための資金をサポートしてきました。
 
ローンの対象となるのは、国内外の高校・高専、大学・大学院、専門学校などの、さまざまな学校へ支払うお金はもちろん、受験費用や進学に伴う住まいの準備費用、教材・通学費といった幅広い用途にも対応しています。
 
詳しい内容は以降でご説明しますが、融資額は子ども1人につき最大350万円、海外留学資金の場合は最大450万円で、家庭の状況に応じて返済期間、金利、保証料の面でも、負担が軽減される仕組みになっています。また、固定金利で毎月の返済額は基本的に一定ですので、返済計画も立てやすいでしょう。
  こんなときに役に立つ!「国の教育ローン」の活用法 高校卒業後の進学先については、奨学金の利用を検討されている家庭も少なくありません。しかし、奨学金の大半は入学後に受け取る仕組みのため、入学手続きに必要な……(中略)…… p> 更新日:2019年01月08日

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース