ナベプロと吉本「闇営業対策」で明暗分けた大差 ザブングルは徹底した危機管理に助けられた | テレビ | 東洋経済オンライン

ザブングルは徹底した危機管理に助けられた

次ページ »

2019/07/02 18:45

ザブングルの松尾陽介さん(左)と加藤歩さん(写真:日刊スポーツ新聞社)

7月1日、ワタナベエンターテインメント(以下、「ナベプロ」に略)は、反社会的勢力への闇営業問題で謹慎中のお笑いコンビ・ザブングル(松尾陽介さんと加藤歩さん)への処遇を改めて発表しました。

その書面は実に適切なものであり、まさにクライシス・コミュニケーション(危機管理広報)のお手本。書くべき内容がしっかり書かれていたことで、吉本興業との明暗がはっきり分かれているのです。

ナベプロの書面はどんな内容で、吉本興業との差はどこにあるのでしょうか。

世間の人々を納得させるコンプラ対策

書面は、「1.お詫び」「2.コンプライアンス体制の強化」「3.ザブングルに対する弊社の対応について」の3項目に分ける形式を採用していました。

まず「1.お詫び」では、「特殊詐欺グループとされる反社会的勢力が主催する会合に所属タレントのザブングルの両名が参加した件につきまして、関係各位、ファンの皆様に多大なるご迷惑をお掛けしましたことを、改めまして深くお詫び申し上げます」と、あらためて騒動を謝罪。

続けて、「当該詐……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース