ドイツのモノづくりはこんなにも幅広く奥深い 思わず話したくなるドイツ製品の蘊蓄100章 | 蘊蓄の箪笥 100章 | 東洋経済オンライン

思わず話したくなるドイツ製品の蘊蓄100章

次ページ »

2019/07/16 15:00

私たちの生活の中になぜドイツ製品が多いのか、その理由が明らかになります(写真:Meinzahn /iStock)  

モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。ちょいと一杯に役立つアレコレソレ「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう。 蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫。モノ・マガジンで長年続く人気連載だ。今回のテーマは「ドイツ製品」。意外と知らない基本中の基本から、あまり知られていない逸話まで。あっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし。引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ。 この連載の一覧はこちら

01. 「ドイツ製」とは、ヨーロッパ中西部に位置するドイツ連邦共和国に本拠を置く企業が開発・製造したもの

02. 1871年、普墺戦争、普仏戦争に勝利したプロイセン国王ヴィルヘルム1世はドイツ帝国(帝政ドイツ)を創建

03. 以降ドイツの国産産業は「電機工業」と「重化学工業」を筆頭に、20世紀にかけて驚異的な発展を遂げていく

04. 工業の拡大を支えたのはドイツ銀行、ダルムシュタ……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース