トヨタ、日産が「中国地場メーカー」と組む狙い 地元企業と連携でNEVクレジット獲得も一案 | 経営 | 東洋経済オンライン

地元企業と連携でNEVクレジット獲得も一案

次ページ »

2019/05/27 15:50

日産に注目された新興EVメーカー威馬汽車の量産車種(筆者撮影)

トヨタは2019年4月、中国新興電気自動車(EV)メーカーの奇点汽車に電動化技術を販売することを発表した。トヨタにとっては技術を販売する一方で、奇点汽車がもともと持つモビリティー関連のノウハウを吸収しようとする狙いがある。5月には日産が中国新興EVメーカーの威馬汽車など3社を選定し、1社当たり最大25%の出資を検討するとブルームバーグが報道した。

両社の狙いの実現のほどは別として、日系メーカーは中国政府が実施した「企業平均燃費(CAFE)規制および新エネルギー車(NEV)規制」への対応に迫られることが必須となる。減速する中国新車市場では、日系自動車メーカーがガソリン車の生産・販売に注力しつつも、地場NEVメーカーとの提携も視野に入れる。

中国の新車販売は2018年に28年ぶりにマイナス成長となり、今年の1~4月には前年同期比12%減となった。新車市場では、自動車排ガス規制「国6b」基準の導入、政府による自動車消費喚起策の発表などを控え、消費者の模様眺めムードが継続している。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース