ディズニーに学ぶ幸せに仕事をする4つの思考 ディズニーランドは魔法の学校だった | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン

ディズニーランドは魔法の学校だった

次ページ »

2019/06/30 9:00

舞浜駅から見える花火。写真はイメージ(写真:kaz_i/PIXTA)  

「好きなことを仕事にできれば最幸だけど、選んだいまの仕事を好きになる幸せもある」

働き方改革が始まり、「働き方」について考える場が増えています。みなさんも、1度や2度、考えたことがあるのではないでしょうか。「仕事がつまらない」「行きたい会社に行けなかったから楽しくない」「こんなはずじゃなかった」「生きていくために仕方がないから働いている」……、仕事についてどう思うかというアンケートでよく出てくる言葉です。なぜか、仕事は大変なもの、苦行だと思っている人が多いようです。しかし、本当に仕事は「生活のための苦行」なのでしょうか。

「仕事は、自分で勝手に楽しんじゃえばいい」

70回もの増刷を重ね、20万人もの方が手にした名著『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった 新版』の著者、香取貴信さんは言います。ディズニーランドに入った当初、香取さんは、バイト代のために仕方なく働いていたそうです。ところが、途中から働くことが楽しくなり、好きになっていたとのこと。それは、働くことについて、ディズニーランドで考えさせられたことに……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース