セメントベビーとは?子連れ再婚は連れ子のケアが重要

「セメントベビー」の意味って?  

子連れ再婚をした夫婦に生まれた赤ちゃんを「セメントベビー」といいます。


前回の記事「ステップファミリーはうまくいかない?崩壊を防ぐ方法」で、ステップファミリーについて見てきました。今回はそのステップファミリー(子連れ再婚夫婦の家族)に新しく生まれてくる子供「セメントベビー」についてです。ステップファミリーの子供は片方の親としか血縁関係がありませんが、セメントベビーは両方の親と血がつながっています。セメントと言えば冷たいコンクリートのイメージがあるなど、その呼び名からはあまりいい印象を持たないかもしれません。しかし実際は英語で「(家族の)愛情や絆を強くする」というプラスの意味があるので、ガイドは納得できるネーミングと思っています。
  再婚時の連れ子のフォローは絶対条件  

再婚のときに一緒に連れてきた子供にも気を配ろう


セメントベビーが生まれたとき、特に気を配ってほしいのが連れ子です。連れ子が「自分は片方としか血がつながっていないけれど、新しく生まれた赤ちゃんは両方とつながっている。」と考えてしまうと、自分は愛されないのではないかと不安になってしまいます。その不安をなくすためにも、連れ子のフォローは絶対に必要です。特に父親のフォロ……(中略)…… 「家族の絆を強くする力」を発揮してくれるのかもしれませんね。

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース