グーグルの廉価版スマホ・新「Pixel」は売れるか スペック抑え半額実現、気になるカメラ性能 | スマホ・ガジェット | 東洋経済オンライン

スペック抑え半額実現、気になるカメラ性能

次ページ »

2019/05/08 16:00

米グーグルのハードウェア担当上級副社長、リック・オスターロー氏は、新型低価格スマートフォン「Pixel 3a」でスマホ事業を再び上昇気流に乗せたい考えだ(記者撮影)

「性能では一切妥協していない。それでいて、半額の価格を実現した」

5月7日、グーグルの年間最大となる開発者会議「I/O」がアメリカ・カリフォルニア州マウンテンビューで開幕した。目玉の1つとなったのが、開催前から多くの情報が流出し、注目を集めた新型低価格スマートフォン「Pixel(ピクセル)3a」だ。主としてハードウェアのスペックを下げたことで、価格を大幅に抑えた。同社ハードウェア担当のリック・オスターロー上級副社長は冒頭のように述べ、期待感をあらわにした。

日本国内では5月8日からグーグルの通販サイト上で予約を開始し、5月17日に発売される。気になる価格は通常サイズの3aが4万8600円、大画面の「3a XL」が6万円(いずれも税込み)という設定だ。昨年11月に日本でも発売された「ピクセル3」が9万5000円~、大画面版の「ピクセル3 XL」が11万9000円~だったのと比べると、半値近い。

売れない「旧型ピクセル」

……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース