カジノが日本の国際競争力を高める根本理由 明暗を分ける中国人富裕層の取り込み | レジャー・観光・ホテル | 東洋経済オンライン

明暗を分ける中国人富裕層の取り込み

次ページ »

2018/11/04 13:10

「ギャンブル」のイメージが強いカジノの実態とは(写真:makoto.h/PIXTA)

私は6年前から、マカオにあるカジノで、エージェントとして働いています。仕事は、富裕層に向けた「VIPルーム」にお客様をお連れし、カジノまでのアテンドはもちろん、マカオ滞在時の宿泊から飲食、遊びまで、あらゆることに配慮することです。この度上梓した『カジノエージェントが見た天国と地獄』で、日本人にはほとんど知られていないカジノの実態を報告させていただきました。

以前は、カジノは日本人にはあまり馴染みのないものでしたが、「カジノ法案」の可決により日本でもその存在がここ数年注目され始めました。一方で、現在日本で議論されている「カジノ」と、現実にある「カジノ」には、やや乖離があるような気がしてなりません。

現在、日本のカジノ建設に対して賛否両論がありますが、マカオのカジノの現場を最前線で見てきた身としては、カジノの存在は、日本の国際競争力を高めるための大きな足掛かりになるのではないかと感じています。

マカオのカジノ売り上げは年間3兆~4兆円

その最大の理由は、カジノから生まれる莫大な収益にあります。世田谷区ほどの……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース