エリートと結婚できる女性とは?玉の輿に乗る人の特徴

エリート男性とは? 意味や定義の解説  

高学歴? 年収2000万? エリート男性の定義を確認しましょう

 
私が代表をしている結婚相談所においては、エリート男性の定義として、年収2000万円以上が条件になっています。ただし年齢が若い場合には、1500万円でもエリートとしています。

年収の他にも、小学校から私立に通うなど育ちが良くて、住んでいる場所が富裕層の多い地域であること、そして職業が専門職であることもポイント。専門職というのは、医師、歯科医師、弁護士、パイロット、税理士、公認会計士などを指します。また会社経営者や投資家、金融関係、外資、広告やマスコミ関係、商社勤務も年収が高いことが多いので、エリートと定義されやすいですよ。

さらに本人だけではなく、親の育ちや学歴も、エリートかどうかの判断基準になります。親が高学歴(旧帝大卒、あるいは早稲田や慶応)だったり、資産を持っているとなると、子供にも影響があります。それらをエリートの条件として見ていきましょう。

 

エリートに選ばれる女性と選ばれない女性の違い 多くの女性が近づいてくるので、エリート男性は婚相手にふさわしい女性を見極めています。 結婚とは、その先の人生を何十年も共に過ごす相手を選ぶ決断をすること。今回は女性にフォーカスして……(中略)…… っかり対策を立てつつ、アプローチしてみてください。

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース