アップル「WWDC19」開催直前、発表を大胆予想 iPhone、Apple Watch、Macがさらに進化する | スマホ・ガジェット | 東洋経済オンライン

iPhone、Apple Watch、Macがさらに進化する

次ページ »

2019/06/03 17:40

アメリカ・カリフォルニア州サンノゼでは至る所に「WWDC19」の文字が(筆者撮影)

アップルはアメリカ時間6月3日から、アメリカ・カリフォルニア州サンノゼで世界開発者会議「WWDC19」を開催する。開発者向けのイベントだが、一般のユーザーにも大いに関係がある発表に注目が集まる。

WWDCは毎年6月初旬に開催されており、近年までサンフランシスコで開催されてきたが、よりアップル本社に近いサンノゼに場所を移した。サンノゼ・マッケナリー・コンベンションセンターでは、翌日の初日を前に、すでに装飾を済ませており、事前登録を行う開発者を拍手で迎え入れていた。

今年は会場の巨大なネオンサインに「Dub Dub」(ダブダブ)と書かれていた。今まで参加者の間で使われてきたイベントの非公式なニックネームだったが、これが巨大なネオンに採用される点からも、開発者との対話を大切にするイベントの性格が表れている。

なお、基調講演は日本時間6月4日午前2時から、アップルのウェブサイトなどで生中継されるほか、連日開催されるセッションもビデオで公開される予定だ。

「アプリ経済」の起爆剤とな……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース