お金がいくらあっても「足りない」と思うワケ 「満たされた」感覚が全く得られないヤバさ | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン

「満たされた」感覚が全く得られないヤバさ

次ページ »

2019/02/24 11:00

お金はいくらあっても満たされることがない(写真:Graphs/PIXTA)  

食欲や睡眠欲もある程度充足すれば、満足感は得られるもの。ですが、いくらあっても満足感が得られないのが、「お金に対する欲求」です。金銭欲はなぜ収まりづらいのか? 作家・元外務省主任分析官の佐藤優さんが解説します。

お金には「限界効用逓減の法則」が当てはまりません。具体的にいうと、例えばどんなに好きな食べ物でも、ある程度食べてお腹が膨らんだらもういらないと思うでしょう。どんなにお酒が好きな人だって、ウォッカを3本も空けたらもうお酒を見るのも嫌になるはず。

これが「限界効用の逓減」で、ある程度手に入れたら「満たされた」という感覚や「もうたくさん」という感覚になる。つまり充足することで欲望が減少するわけです。

ところがお金だけは違う。100万円を手に入れたら次は1000万円がほしいと思う。1000万円手に入れたら、今度は1億円がほしいと思う。欲望に際限がない、つまり「限界効用が逓減しない」のです。

これがお金の怖いところで、一種麻薬に似ています。どんどんエスカレートして、それがないと不安になり……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース