『スズキジャパンカップ2018 第35回全日本総合エアロビック選手権大会』開催 11部門でエアロビック競技の日本一が決定!

エアロビック競技の国内最高峰「スズキジャパンカップ2018 第35回全日本総合エアロビック選手権大会 全国大会」[主催:公益社団法人日本エアロビック連盟、会長:遠藤利明]が、11月4日(日)東京都大田区総合体育館で開催されました。

シニア女子シングル優勝 北爪凜々選手

公式サイト: http://www.aerobic.or.jp

全国大会には、各都道府県大会の代表から、さらに東日本、東北、西日本、九州、中部の各地区大会を勝ち抜いた選手たちが、シニア5部門[17歳以上/男子シングル、女子シングル、ミックスペア、トリオ、グループ]にのべ64名、ユース6部門[ユース2:14~16歳/男子シングル、女子シングル、トリオ][ユース1:11~13歳/男子シングル、女子シングル、トリオ]にのべ80名、計144名が参加。11部門でエアロビック競技の日本一が決定いたしました。

<シニアの部>男子シングルは斉藤瑞己選手が6連覇、女子シングルは北爪凜々選手が4連覇!

男子シングル部門では史上初の6連覇、日本のエース斉藤瑞己選手(群馬県太田市)が次々と繰り出される高難度の技で会場の観客を魅了し、昨年の得点を上回る22.850点の高得……(中略)…… いです。

◆大会の模様は、NHK BS1にて11月17日(土)12時~13時50分放送予定

記事の全文を見る⇒(@Press)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース