「相性がいい」と思わせる会話術

初デートで彼に、相性良いと思われるには?

会話のテンポを合わせるのは基本中の基本ですが、「この子と話すと楽しいなあ」「ずっと前から親しかったような気がする」そんな風に思わせる会話は、実はテクニックで作れるんです!

同じものを頼む作戦は効く

「相手と同じしぐさをするような、『ミラーリング』って、実際にされるとわざとらしくて引くこともある。

でも、一緒にお酒を飲んでる時に、同じジャンルのものを頼んでくれるのはなんかいい。

『これおいしいね』と言い合うだけでもいいし、ワインや焼酎なら『何が好き?』って話をしても盛り上がる」(28歳・男性)

モテる男性が仕掛けてくることも多い『同じ飲み物を頼む』テクニック。お酒の席ではかなり有効です。

まだそれほど親しくない間柄なら、とりあえず目の前にあるものを共有して、そこから話を広げるのが効くんです。

まったく同じものを頼んでもいいし、違う銘柄のワインを「一口ちょうだい」と交換するのも楽しいものです。自然と親密な空気が漂うはず。

好きな食べ物の話

「食べ物の話は鉄板でしょう。『今度一緒に食べに行こう』と言えば、次のアポも取れるしね。

でも、グルメに詳しくても、何でもダメ出ししてくる子だと『うるさそうだな』と思ってしまうから、好き嫌……(中略)…… ません。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース