「好きな人と結婚」は甘いのか

【アラフォー婚活の現実 Vol.39】

 アラフォー婚活ブロガーのRikakoです。私は、いつか好きな人と結婚することを夢見て、日々婚活に励んでいます。しかし、40代の私が「好きな人と結婚したい!」と宣言すると、嘲笑されることが多いです。

 思考回路が中学生みたい、頭がお花畑、婚活ではなく恋活がしたいだけ、などと言われることもあります。好きな人と結婚したい。これは至極当たり前のことだと思っていたのですが、世間一般の考えとはズレているのでしょうか。

◆よく言われる「恋愛と結婚は違う」の意味とは?

 私が好きな人と結婚したいと言うと、多くの人が「恋愛と結婚は違う」と口にします。確かに恋愛中のドキドキ感は、結婚するとなくなると思います。結婚相手には安らぎや居心地の良さを求めるようになるはず。

 でも、私は恋愛の延長に結婚があると信じています。恋のドキドキを経て、だんだんお互いが、一緒にいて当たり前の存在になっていく。そういう関係を築けることができたら素敵ですよね。

 世の中の夫婦の大半は、恋愛を経て結婚に至っているはずです。結婚して恋人から家族になったことで、今までよりも深い関係性を築くようになり「恋愛と結婚は違う」と思うようになるのでしょう。

 でも、「結婚と恋愛は違う」という言葉を真に受けてしまうと、結婚相……(中略)…… の婚活ブロガー。結婚相談所から婚活アプリまで、ありとあらゆる婚活を経験。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース