「女の方が弱い立場なので」 暴行被害の長与千種さん、心境明かす

元女子プロレスラーの長与千種さんが11月19日午前3時10分ごろ、北海道札幌市内の駐車場でけんかの仲裁に入ったところ、男から暴行を受けた事件。

長与さんは20日、SNSで「訴える気持ちはまったくない」など心境を明かした。

報道によれば、長与さんは18日、興行のために札幌市を訪れていた。プロレスラー仲間と食事をして帰る途中、女性の「助けて」という悲鳴を聞いて駆けつけたところ、男が女性に馬乗りになっていたという。

長与さんは男を女性から引き離したが、警察官が到着するまでの間、暴行を受けたという。のちに2人は夫婦ということがわかり、一緒に酒を飲んだ後、飲み続けるか帰るかでもめていたとのこと。

「仕事柄、絶対に手は出せない」

男は長与さんの髪を手でつかみ頭を押さえ付けたという。長与さんが代表を務めるマーベラスプロレスは19日、「指を骨折している可能性」とツイートした。

AbemaTIMESによれば、長与さんは次のように事件の経緯を話している。

「髪がブチブチ抜ける音がして、自分の顔が床に着いちゃう、危ない、でも何もできないし、と思って。手を解かないといけないので"やめてよ"って言った途端に右手を持っていかれた」

「骨に違和感があって"ああやったな"って。普通だったらそこ……(中略)…… 営、長谷川匡容疑者(27)を暴行の疑いで現行犯逮捕したという。

記事の全文を見る⇒(BuzzFeed)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース