「口説かれる=好き」なわけではない! 男性の気持ちを見極めよう!

<!----> 「口説かれる=好き」は勘違い

「口説かれる=好き」ではない!

男性から口説かれると、「私、好かれているかも!」と思ってしまう人がいます。
でも、それ、勘違いかもしれませんよ?

特に出会って間もないのに、男性が女性を口説くとき場合は、相手が好きなのは「自分」に過ぎないこともあります。

単に「相手の気を惹きたい(自分の思い通りにしたい)」「自分の魅力を確かめたい」という人もいるし、「H目的に過ぎない」パターンだってあります。

ポイントは、相手はあなたの何を知って、好きだと言っているのか?ということです。

例えば、ルックスや若さ、職業など、分かりやすい魅力で相手が寄ってくる場合、相手の本心は、「相手の存在は、自分に役立つから、好き」「自分にちょうど良いから好き」というパターンが多いもの。
それは、厳密に言えば「相手を好き」なのではなく、「自分を好き」だということです。

そんなことを言うと、中には「でも、気に入っていないのに、口説いたりはしてこないでしょ?」と思う人がいるでしょう。
もちろん相手を好ましいから口説いています。
ただ、その「好き」は、愛ではなく、敢え……(中略)…… 大人女子」 毎週土曜日23時に更新!

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース